夏の旅行★グランドサークル5日目~6日目 @あゆ

(長らく時間が経ってしまいました。気づけばもう冬。。。)

5日目は、朝食をロッジのレストランで食べました。ロッジはナバホ族が経営するものだったので、メニューにもナバホ族の食事がありましたが、それを食べる勇気がなく、無難にパンケーキや目玉焼きを食べました。

朝食後、最終目的地のグランドキャニオンに向かう途中で、アンテロープがあるペイジと言う町に寄りました。アンテロープは国立公園ではないけど知る人ぞ知るところで、ガイドブックの写真をみて、一番見てみたい!と思っていたところでした。

アッパーアンテロープとロウアーアンテロープの2ヵ所ありますが、私たちはアッパーの方に行きました。アンテロープを見学するには、ツアーに申し込まないといけないので、アンテロープの駐車場に行き、申し込みをしました。日本人が何人かいて、ある女性グループに予約方法について聞かれました。話をしてみると、女性4人(たぶん40代くらい)で来ていて、レンタカーで国立公園を旅行しているとのこと。しかもみなさん英語ができないって。。。すごい度胸!
私も20代の頃、英語のまったくできない友達3人でパリに旅行に行きましたが、今思えば無鉄砲だった気がします。無事に帰ってこれたからよかったけど。
でも、この女性たち、とても楽しそう。道に迷ったりもしたそうで、それもまた思い出、みたいな。

アンテロープのツアーは、駐車場から専用のジープで目的地まで行きます。道なき道、まるで砂漠のようなところを砂埃をあげて10分弱くらい走って行きました。

その谷は、自然が作り上げたと思えない、と言うべきか、自然のみが作り上げられる、と言うべきか、とても美しい模様をしていました。そして、この谷の中には夏の正午前後しか光が射さないということで、その光がとても貴重に感じました。

ペイジの町を抜けて、ホースシューベントに寄りました。

さて、ここからまた車で長距離移動です。

グランドキャニオンでは、まずデザートビューというところに行って、展望台から景色を眺めました。感動!するかと思ったら、すでも景色に見慣れてしまっていたようで、びっくりするほどの感動は得られませんでした。

ロッジのチェックインを済ませて、部屋に行こうとすると、なんと、おおきなエルクが3頭歩いてきました!予想外の動物登場にびっくり!さらに、このうちの2頭が角・頭をぶつけて喧嘩を始めました。その音もすごくてまたびっくり。こっちに突進してくるんじゃないかとちょっと怖かったです。

6日目は、グランドキャニオンのウェストリムへ行きました。ここはマイカー規制があって、シャトルバスか自転車、歩きでだけ行けます。私たちは、シャトルバスを使って途中のポイントまで行き、少しトレイルを歩きました。そしてまたシャトルバスに乗って一番奥のハーミッツレストと言うところまで行きました。

グランドキャニオンのレストランで昼食をとった後、ラスベガスまでの帰路を辿りました。途中、ルート66を通って、昔の街並みを見て歩きました。露店でホットドックを買って食べました。

あとはひたすらラスベガスへ。。。ラスベガスでは、アウトレットの日本食レストランを目当てにして行きましたが、それほどお腹も空いていなかったので、テイクアウトのお店で買ってフードコートで軽く食べました。

この記事へのコメント

しん
2011年11月13日 19:51
久しぶりだねぇ(笑)

アメリカのスケールの大きさを感じさせるね

FBでは英語もすらすらと書いてるし、すっかり慣れた感じだね
2011年11月15日 04:31
↑写真を貼るの、忘れてた!!!

>しんさん
お久しぶりです。病気でもしてるんじゃないかと心配してたんですよ~。
FBはこちらでできた友達も読めるように、頑張って英語も書いてるんですが、間違ってたら指摘してくださいね~。向上中ですので。