しりとり @あゆ

息子(3歳9ケ月)がしりとりをできるようになりました。

最初は、ヒントを出してあげていましたが、最近は自分で考えて自分の知っている言葉で答えられるようになりました。

息子  「あめちゃん」  ←いきなり終わってるし。
息子  「んー、いいね」  何事もなかったかのように続ける。

ママ  「ねこむすめ」
娘   「めぐすり」
息子  「リュック」

ママ  「くま」
娘   「マント」
息子  「トランプ」 

なぜかママを抜かして娘   「プリキュア」
息子 「あー、いいね」

・・・・・・
ママが困っていると思ったのか、息子 「寝ました、とか」  と、教えてくれる余裕もある。


他に息子のしりとり語録から抜粋。

「うん、いいね」   どこまで続くのか、「いいね」シリーズ。
「ねぇ、どうしたの」
「しずかに」     どこまで続くのか、会話シリーズ。
「ろくろっくび」   必ず出てくる彼の定番。
「ざいりょう」    まともすぎる。

こんな感じで、最近は食事をしながらしりとりをやっています。

この記事へのコメント

がく
2008年02月28日 22:28
しりとり、ほのぼのしてかわいいね
「んー、いいね」はウケル
子供がどんどん言葉を覚えると、うれしいし、おかしいよね
うちの上の子もプリキュアなんて見せたこともないのに親戚のちょっと上のお姉ちゃんが好きだから覚えてしまってプリキュアファイブと言っているつもりなんだけど、「ヒリヒリサイズ」といって治りません
あゆ
2008年02月29日 01:07
>がくさん
「ヒリヒリサイズ」って・・・。笑える~。子供って、聞こえた通りに真似するから、思わず大爆笑しちゃうよね。
言葉の真似だったのが、いつのまにか、自分で考えてしゃべるようになって、質問とかするようになって、、、一生懸命しゃべってる姿ってかわいいよね。